キャッシング申込の証明書類
無担保融資
なんどでも1週間
無利息 "ノーローン"

zキャッシング申込の証明書類

キャッシングを利用する時には、必ず本人確認が必要です。

2003年より施行された「本人確認法」という法律により、運転免許証や健康保険証など、身分証明となるものの提示が義務づけられています。

運転免許証など、取得してから3ヶ月以内の場合など証明効果が低いと判断された場合は、公的な証明書類を複数提出する必要もあります。

源泉徴収表など、収入を証明できる書類の提出が必要な場合もあります。

本人確認のときに出す証明書類の中で、キャッシング会社としては何を一番判断基準にしているのかというと、保険証だそうです。

職業や収入を書く欄はありますが、それをごまかしている人も中にはいるかも知れませんよね。

でも保険証ならどんなところに勤めているのか、だいたい察しがつくと思います。

保険証の種類によって、審査が有利になったり、あまり意味の無い場合もあります。

一番有利なのは、信用度の高い公務員の共済保険に加入している人です。

次には会社の組合などによる組合健康保険証、政府管掌の社会保険証になります。

審査にあまり関わりが無いのは、勤務先の健康保険に加入している人や生活保護を受けている人以外に加入義務がある、国民健康保険の場合です。

この国民健康保険証を見せたからと言って、審査が通らないということはありませんが、やはり安定した職業や収入の証明となる共済や組合の保険証、社会保険証を提示できる方が、キャッシングの申込の際には有利になるのかもしれません。


コキャッシングMENU

キャッシング申込
キャッシングと審査
キャッシング申込の証明書類
キャッシング申込の本人確認
キャッシングの店頭申込
キャッシングを自動契約機で申し込む
キャッシングを携帯で申し込む
キャッシングを郵送で申し込む
キャッシングと外国人

キャッシングの基礎知識
キャッシング選び
キャッシングの種類
キャッシングを賢く使うには
キャッシングの予備知識

~無担保融資に戻る

(C)無担保融資