グレーゾーン金利とは
無担保融資
優良企業のみ限定
安心キャッシング

zグレーゾーン金利とは

利息制限法という法律により、貸金業者は利息に上限があり、この上限を超える利息は無効と決められています。

契約金額が10万円未満の場合は年20%、10万円以上100万円未満の場合は年18%、100万円以上の場合は、年15%となっています。

また、出資法では貸金業者が金利29.2%を超える利率の契約は違法と定められており、出資法の利率を超える貸付の契約には刑事罰があります。

利息制限法を超える利率は無効になりますが、これに違反しても罰則はありません。

いわゆるグレーゾーン金利とは、この利息制限法と出資法の間に位置する利率帯のことを言います。

また、このグレーゾーン金利を条件付で認めている規定、「みなし弁済」規定というものがあります。

一定のルールを守ることにより、出資法の上限金利の範囲内で、利息制限法の上限金利より超えてもよいと認めていました。

しかし2006年の法改正により、2009年頃にはグレーゾーン金利およびみなし弁済規定の撤廃が決まっています。

利息制限法の利率を越える利息で借り入れをしている場合、本来支払う必要の無い、いわゆる過払い金を返金請求することができる場合があります。


コキャッシングMENU

キャッシングの予備知識
キャッシングの多重債務
キャッシングの一本化
キャッシングの自己破産
ブラックリストとは
グレーゾーン金利とは
過払い金返還請求とは
連帯保証人について

キャッシングの基礎知識
キャッシング選び
キャッシング申込
キャッシングの種類
キャッシングを賢く使うには

~無担保融資に戻る

(C)無担保融資