連帯保証人について
無担保融資
優良企業のみ限定
安心キャッシング

z連帯保証人について

どんなに親しくても、借金の連帯保証人になってはいけない、とよく言われますね。

保証人と連帯保証人、言葉は似ていますが、これらに違いがあるのはご存知でしょうか。

通常、金融機関からお金を借り入れる際の保障は連帯保証で、連帯保証人の方が、責任は重大です。

極端に言えば、連帯保証人は自分が借金をしたのも同じだからです。

たとえばまだ契約者に支払い能力があっても、支払い請求時には連帯保証人にも同時に請求することができます。

これが保証人と連帯保証人の違いです。

保証人の場合、先に債務者から回収して欲しい、あるいは債務者の財産をすべて差し押さえてくれ、と主張できる抗弁権がありますが、連帯保証人にはこの抗弁権は認められていないからです。

小口のキャッシングはたいていの場合、保証人なしで契約することができますが、場合によっては連帯保証人をつける必要があるかもしれません。

もし借金の連帯保証人を引き受ける際は、よく考えましょう。

他人の名前や印鑑などを勝手につかって保証人にした場合は違法で、支払いの義務はありません。

また、連帯保証人代行や紹介などしてくれる会社などもありますが、これらを利用する際は、信用のおける会社かどうかよく見極めましょう。


コキャッシングMENU

キャッシングの予備知識
キャッシングの多重債務
キャッシングの一本化
キャッシングの自己破産
ブラックリストとは
グレーゾーン金利とは
過払い金返還請求とは
連帯保証人について

キャッシングの基礎知識
キャッシング選び
キャッシング申込
キャッシングの種類
キャッシングを賢く使うには

~無担保融資に戻る

(C)無担保融資